水漏れの修理は水の流れを止めてから

水漏れは、多くの箇所に被害を発生させます。早めに修理する必要がありますが、自分でできないことも出てきます。道具も知識も必要で、思った以上に費用がかかることもあるからです。水道 工事会社に依頼して修理したほうが確実なケースもあるのは忘れてはいけません。

■水漏れは元栓や止水栓を締めるところから

水漏れを発見したら、まずは水を止めなければいけません。圧力をかけて送られてくる水は、元栓を締めれば止まります。トイレなどのように、近くに止水栓があれば、締めるだけで対処できるため簡単です。
止水栓を締めるためには道具が必要な場合もあります。家庭にあるドライバー程度で済みますが、固着して動かない状況も出てくることから、問題が起きる以前の確認が必要です。元栓もふたがしてあり開けるのにうまくいかない場合もあるため、普段から簡単に開くか確認しておかなければいけません。普段は意識することがなく、いざというときすぐには見つからない可能性もあるため、場所を把握しておくためにも必要です。
自分で修理の対応ができず、工事会社に修理を依頼する場合にも、水を止めてしまえば被害の拡大を止められます。

■定期的な点検も大切

水漏れの点検を工事会社に依頼することも必要です。さまざまなところに配管が通されていますが、そのすべてを目で確認できるとは限りません。生活している中で見つけられない水漏れも出てきます。見えない場所でも漏れてくれば被害はどんどんと拡大するため、定期的に工事会社に点検してもらうことも大切です。早期に発見すれば、水漏れを起こす前に対処もできます。点検の際にほんのわずかなトラブルの前兆が見つかれば、すぐに対応できるため大きな被害も起こらずに済みます。

■まとめ
水漏れは早期発見、早期対応が重要です。自然に直ることもないのが水漏れですので、修理の前にまずは元栓や止水栓を締めることを忘れないようにします。点検も自分でできない場所がいくつもありますので、予防と考えて作業してもらう方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ