水漏れで水道代が跳ね上がる

水は使えば、その分の支払いをしなければいけません。無限にあるわけではなく、限られた資源だからです。この請求を見て驚いてしまう場合があります。水漏れをしているときには、水道代が跳ね上がるケースがあるからです。これだけでかなりの負担になるのが予想できますし、修理費用の負担まで考える必要が出てきます。早急に解決しなければ、被害はどんどんと広がってしまうでしょう。

■メーターの動きで水漏れを発見

水漏れを起こしているときには、早急に解決する必要がありますが、まずはメーターを確認します。これまでの使用量に対して急激に上昇しているケースは、水漏れが関係するからです。蛇口を締めて、家庭の中のどこにも水を使っていない状態でメーターが動いていれば、水漏れは間違いありません。
水漏れの怖いところは、放置しているとそのうち自然に直ることがないところです。水が漏れる圧力で破損個所を広げ、被害も拡大していきます。料金もどんどんと上がり、被害は拡大するため、水漏れ箇所を特定しなければいけません。素人では見つけにくい場所もあるため、専門業者に点検してもらうのが確実です。

■基本は契約者の責任

敷地内で水漏れを起こしている場合、基本は契約者の責任の範囲です。いくつかの条件が重なり、特定が難しい場所だった時には、減額措置や返金請求ができる場合もあります。自然災害で水道管にダメージが与えられたときなども対象です。もちろん、水漏れを感じていたのにもかかわらず、放置した状況も対象になりません。何かサインを見つけたら、早急に対処するのが大切です。しかし、すべての金額が減免されるわけではないため、日常的にメーターを見る癖をつける必要もあるでしょう。

■まとめ
水漏れが起きれば、何らかの損害を発生させます。使ってもいない水道料として跳ね返ってくれば、経済的な損失です。早めに直しておけばと思っても遅いため、サインを見逃さないで生活するのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ