早めに修理したい蛇口からじわじわと水漏れ

水は圧力を掛けて水道管から送られてきます。水量をコントロールするために蛇口がつけられていますが、どうしても構造が複雑な分だけ傷みも早い部分です。じわじわと水漏れしてきたときには、蛇口 交換も視野に入れて修理する必要があるでしょう。

■劣化や破損から水が漏れる

蛇口をちゃんと締めているのに、じわじわ漏れてくるケースがあります。これ以上締めることができないほどにしても、どうしても止まらないときには、問題が発生していると考えなければいけません。
蛇口からの水漏れにはいくつかの問題が考えられます。いくら締めても止まらないときには、ハンドルの締め付ける力が弱くなり機能しないケースがあります。また、部品が劣化して水を停められないというケースも考えられます。蛇口を必要以上に強く締め付けるたびに、摩擦によって部品は消耗します。部品が破損してしまい水が止まらない場合も考えなければいけません。水漏れが起きているときには、さらに締め付けて劣化を早める場合もあるため、早めに修理をしなければ直りません。

■10年程度で寿命は来る

蛇口からじわじわと水漏れがして止めらないときには、パッキンの交換が一般的です。劣化してしまうと、隙間ができあがり、締めても水が漏れてくるからです。締める圧力が弱いときはナットの緩みも原因のひとつで、締め付ければ直る場合もあります。
圧力に耐える構造の蛇口は、使っている間に劣化します。10年も使えば本体の劣化が進み、部品を交換しても直らないケースもあるため、寿命ととらえなければいけません。割り切って本体ごと交換した方が安上がりになるケースも出てきます。

■まとめ
蛇口はいつか壊れる部分です。水道管に対して水を止めるために複雑な構造を持ち、締め付けるという摩擦力を必要とします。圧力に耐えきれず、水が吹き出すケースもでてくることから、異常を感じたら早めの対処が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ