排水管のつなぎ目からの水漏れは締め直せば直るケースも

使った水は、どこかに流さなければいけません。衛生上の問題からも、排水管に流して処理しますが、問題を抱えてしまうと、水漏れするケースが出てきます。特につなぎ目は劣化することもあるため、水漏れの原因となる場所です。

■生活に欠かせない水道管と排水管

水回りには、外部から水を使うために引き込む水道管と、使った水を適切に処理するために排出する排水管があります。どちらも家庭で欠かせない設備ですが、水漏れを起こせば大きな問題です。水漏れを起こしにくいように、つなぎ目となる接続部分を減らして作りますが、ゼロにはできません。パッキンを挟み、漏れたりしないようにもしますが、外部から強い力がありずれたり時間とともに劣化もします。排水管 水漏れは、どうしても見えない場所で起きる問題です。何らかの問題があるサインを見つけたら、修理して解決していかなければいけません。排水管の場合には、臭いで気がつくケースもあるため、いつもと違う変化を感じたら、水漏れを疑ってみるべきでしょう。

■締め直せば直るケースも

排水管のつなぎ目は、ナットを締め直すと水漏れが止まることがあります。緩んでいるだけで水漏れするため、原因箇所がわかるときに対処しやすい部分です。パッキンが劣化しているときも、ホームセンターなどで手に入るものが多く、自分でも修理できるケースがあります。ナット部分を操作しているときに、管内に溜まっていた汚水が漏れ出る場合もあります。ビニールシートを敷いて作業をすれば周りを汚さずに修理できます。
締め付けてみても、水漏れが止まらないときには、排水管自体が劣化している可能性もあります。交換しなければ直らないため、専門業者に点検してもらう必要があるでしょう。

■まとめ
つなぎ目を劣化させないためにも、日ごろからお手入れをすることが必要です。目につかない場所に設置されるため、定期的に確認もしておけば、早期に発見でき、被害を広げないで済みます。水漏れは見た目でも臭いでも異変がわかりますので、見逃さないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ